協会について

会長挨拶

一般社団法人 日本リユース業協会は、「リユース」並びに「リユース業」の社会的認知度向上及び良質なリユース事業者の育成を通じ、我が国におけるリユース業界の透明性の高い健全な発展を図ることを目的として、2009年4月に設立されました。

本協会設立から今日まで、リユース市場の規模は年々成長し、近い将来に2兆円に達しようという勢いであります。当協会の加盟企業の総店舗数は約5千店、加盟企業で働く従業員は約4万5千人となり、協会会員もリユース市場の拡大と共に成長をしております。
当協会では、2012年から「リユース検定・リユース営業士制度」を開始し、これらの制度を通して、リユース事業者がリユース事業を営む上で必要な知識を得られるような整備も進めております。おかげさまで、これまでに約4,500人のリユース営業士が誕生しました。

当協会は、これからも成長するリユース業界において、お客様が安心してリユースのサービスを受けられるよう、環境整備や事業者への啓蒙活動などに積極的に取り組んでまいります。

今後とも、皆様のご支援、ご協力のもとリユース業界の健全な発展のために尽力してまいりますので、何卒、よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人 日本リユース業協会 会長 野坂 英吾
(株式会社トレジャー・ファクトリー 代表取締役社長)

一般社団法人 日本リユース業協会 会長 野坂 英吾